編集者の求人情報の探し方や業務に関する内容を知ろう!

編集者への転職は専門求人サイトを活用すれば効率的に情報収集できる

転職で自分に合った職種を探そう

転職する人の理由には、「収入が少ない」「将来の先行きの不安」「やりたい職種が見つかった」など、人それぞれ異なります。最近では、働き方改革の影響もあり、転職して自分に最適な仕事を探す人が増加しています。

編集者の求人情報の探し方や業務に関する内容を知ろう!

JOB

専門求人サイトを活用しよう

転職を考えている人の中には、編集者として仕事をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。編集に興味のある方は、出版・印刷業界に特化した専門求人サイトを活用すると効率的に情報収集することができます。

より自分に最適な条件で探すことができる

出版・印刷業界に特化した求人サイトでは職種を編集、ライター、企画といったように項目ごとに検索できるシステムが構築されています。また、業種も出版社や編集プロダクション、製本などの項目から選択できるので、自分が編集者として活躍したい場所を選択することができるのです。

編集者に向いている人は?

編集者へ転職する場合、特に必要な資格は無いとされています。しかし、「好奇心」や「探究心」がある方が向いていると言われています。出版社によっては、グルメや観光、小説など様々なジャンルの書籍を出しています。配属によっては、自分が希望するジャンルに携われない場合もあるので、どのジャンルにも興味を持てる人であれば、問題なく仕事を行うことができるでしょう。

実力主義で不規則な勤務の場合もある

編集者へ転職する場合、気になるのが給与や勤務時間でしょう。編集者の給与は、だいたい平均年収が300万円前後の人が多いと言われています。魅力的な企画をすることができ、大ヒットすることができれば成果報酬として年収がさらに増えます。基本的に実力主義の傾向が強い職種だと言えるのではないでしょうか。また、編集者の勤務時間や休みは不規則だと言われています。仕事量も個人差があるので一概には言えませんが、業務上定められている勤務時間は参考にならない場合もあり、時には仮眠をとりながら1日中業務に取り組む場合もあると言われています。定時に帰ることをそこまで望んでいなく、編集者としての仕事に没頭したいと考えている人は、編集者への転職はオススメです。

編集者への転職に関する疑問を解決しよう!

編集者の働き方は?

編集者の働き方は、フリーランス・出版社勤務・下請けの編集プロダクションに大別されます。求人情報を見る場合は、働き方の掲載内容に特に注意しましょう。

ファッション雑誌の編集者の適性は?

やはり、ファッションのトレンドに敏感で、ファッションが好きな方に向いているでしょう。また、ファッションの分野に限らず、編集者は他のスタッフとの連携が必要になるので、コミュニケーション能力が求められます。

漫画の編集者の適性は?

漫画の編集者へ転職する場合は、やはり漫画を心から愛している人が向いていると言えるでしょう。また、世の中に自分が携わった作品を広めたいという強い気持ちと、激務にも耐えられるタフな精神力を持った人は向いていると言えます。

編集者への転職でおすすめのサイトは?

編集者の求人情報を探す場合は、出版・印刷業界を専門にした求人サイトを活用すると良いでしょう。専門求人サイトにしか掲載されていない求人情報もあるので、より効率的に探すことができます。

編集者への転職に学歴は必要?

編集者へ転職する場合、特に有利になる学歴は無いようです。文系、理系問わず、日ごろから本を読む習慣があり、やる気と向上心があれば問題ありません。編集者へ転職して、自分が携わるジャンルと、今までの知識が一致すれば有利といったことはあるでしょう。

広告募集中